今まで知らなかったビックリチーズの歴史


チーズケーキNAVI

チーズの歴史

チーズケーキを作るためには、もちろんチーズがなくては話にならないし、作ることも出来ないですよね。
そんなチーズケーキに利用するチーズってどのようにして生まれて来たのかみなさん知っていますか?ここでは、チーズケーキのチーズについてその歴史を追ってみようと思います。非常に簡単にかいてあるので、なかなか伝わりにくい部分もあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

チーズの歴史や由来という物は明確にはされていないんだそうです。その昔アラビアの遊牧民によって誕生したというのが定説となっているそうです。そのアラビアの遊牧民がどうやってチーズを伝えたかというと、彼らは山羊や羊の胃袋で作ったの水筒の中に飲み物として動物の乳を入れて行動をしていました。「のどがかわいたなぁ」って思って胃袋にいれておいた飲み物を飲もうと思ったときに、中から白い固まりが現れてきて、それと同時に透明な水も一緒に出てきたのです。

この白い塊がチーズだったのです。ではなぜそうなってしまったかというと、山羊や羊の胃袋に含まれている酵素と移動をするときの揺れによって、乳がチーズへと変わったのです。こうしてアラビアの遊牧民によって伝えられてきたチーズはまたたくまにいろいろなところで広がっていき、特に古代のギリシャなどでは幅広く普及していったそうです。

チーズは神への捧げ物だった?!

アラビアの遊牧民によってギリシャへ伝わったチーズですが、ギリシャでは大変幅広く使われていたそうです。古代のギリシャではチーズは神に捧げるものとしてとても大切な食べ物だったそうです。

recommend

最終更新日:2016/11/9

(C) 2008 チーズケーキNAVI. All Rights Reserved.