こんな過去があったのかチーズケーキの歴史を紐解いてみよう


チーズケーキNAVI
チーズケーキの歴史

ケーキの中でも人気のあるチーズケーキですが、そのチーズケーキの歴史ってみなさん知ってますか?チーズ嫌いな私ですがチーズケーキは食べれるので、その歴史が少しだけ気になっちゃって調べてみました。チーズケーキにもいろんな種類のチーズケーキがありますが、その元となったのはギリシャのトリヨンという食べ物がもととなっていたんだとか・・・。

っで、その作り方はとても今のチーズケーキとは少し違っていて、プリンのような感じでラードやミルクなどをチーズと混ぜて、それをいちじくという葉にのっけて、鶏のだし汁などで蒸し焼きにしていたんだとか・・・。それがチーズケーキの始まりそれによってチーズがどんどんあちらこちらに広まっていって、いろんな国でいろんなチーズケーキが作られていったのです。通販が無い時代ですので、自分たちでつくらないといけないのは大変ですね。

そんなチーズケーキの歴史というと紀元前776年のオリンピックでアスリートの選手達に振る舞われていたんだとか・・・。ギリシャのチーズケーキをヨーロッパに広めたのはローマ人だったようですが、今とは全然違っていたそうです。

日本ではというと、チーズケーキの歴史はとても浅く、約40年ほどの歴史しかないようです。その理由には、その当時の日本人の口にはチーズケーキが合わなかったそうで、日本チーズケーキが伝わってくるにはかなりの期間がかかったそうです。今では、どこのケーキ屋さんにいってもチーズケーキは置いてあります。今の日本人の人にはほとんどチーズケーキが口に合わないなんてことはたぶんないと思います。けれどどうして当時の日本人にはこんなにも美味しいチーズケーキなのに口に合わなかったんだろうって不思議に思います。昔と今のチーズケーキにはどんな違いがあったのかなぁなんて、そんな昔のチーズケーキが食べてみたくなりました。

check

メガネのアイワ葛西店
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M02031/13123/21331891212/

2017/3/13 更新

(C) 2008 チーズケーキNAVI. All Rights Reserved.